Flauのリネージュ日記跡地


by Arcturus_Flau

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:回顧録( 10 )

思い出話 (その8) Gllants解散 WW攻め

先日、ハマーンさんの引退攻めで盛り上がった悪鯖だが、過去にも何度か解散攻めで大規模な戦争があった
そのひとつに、Gallantsの解散攻めがある
その後、少しの間だけGallantsが復活したことは記憶に新しいが、これは3年前の6月13日のお話

WWの城主は鷹の団で、長期防衛をしていた
Gallants盟主のYasuhiro氏の引退に伴い、Gallantsが解散するということで、花道として、極R同盟あげて攻めたのだと思う

あまりこの辺の事情は詳しくない

当時ペアを組んでいた人の紹介で、私もGallantsのヘルプの一人として加えていただくこととなった
(鷹側に、電気の面々はヘルプで入っていたことを後で知った)

c0078415_15492915.jpg


Gallants側、100名+
Gallantsだけでは入りきらず、真のバナナにもjoinしていた

対する鷹の団は、50名+
両門で、激しい戦いが繰り広げられていたが、1時間あまりの猛攻の末、鷹の団の壁が破れ、終了時間を待たず、鷹の撤退によって激戦の幕は降りた

当時私はLV48の雑魚WIZだったので、門横でのHA WIZでしかなかったが、初の大規模な戦争に興奮したものだった


このWW戦の後、私は漢には戻らず、電気にJOINした
c0078415_1624672.jpg





さて、回顧録はこのあたりで終わりとします
まだ、リネ日記の過去ログが残っていますので、興味のある方はそちらをどうぞ♪
[PR]
by Arcturus_Flau | 2007-04-18 16:03 | 回顧録

思い出話 (その7) 初めてのプリ

2004年の2月頃から漢のプリがリアル事情で突然インできなくなってしまい、プリ不在が続き、
リジョインに支障が出て、一時的に仮のクランに移ろうという話になった

このため、私が別垢で姫作成して仮クランを創設した
当然CHA型だったが、それでも全部のクラン員を受け入れることは出来なかったと思う

当時は15日間無料プレーができた
なんとかLV30まで1週間ほどで引っ張った
ここでCHA型プリの弱さを思い知る

当時、切断がものすごく多かった私は、アラの低いこのプリにろくな装備を持たせることが出来なかった
装備は骨セットに毛が生えたくらいのものに、フルDAIのN-SLS、HBだったと思う
結局、剣では狩にならず、弓を持たせて、犬3匹を連れて砂漠やエルモアあたりでLV上げをした
犬連れのほうが経験値時給が良かったのには驚いたし、犬のLVのほうが先に上がってしまうのにがっかりした
c0078415_937207.jpg


短い間だったし、ピンチヒッターのつもりしかなかったが、OTを攻めてみたりもした
クラン運営の難しさを少し垣間見ることも出来た

この頃はまだ、Flauを育てていることを電気の人にはあまり言っていなかった
話していたのは、プリのかんのさんだけだったと思う
いろいろクランのことで相談に乗っていただいた覚えがある

そんな時、クリスタルケイブでアクマスさんが狩をしているところに、Flauでばったり出くわしてしまった
その頃、アクマスさんとはあまり話をしていなかったのに、どういうわけか「Flau=イエライシャ」で、Flauメインになっていること、仮クランを預かっていることを話してしまった
そのうえ、漢にも勧誘してしまった
アクマスさんは、快く漢にjoinしてくださった

DE アクマスとWIZ Flauのペアはこのときから始まったのだ
思えば長い付き合いになる


このプリは、5月の漢のプリ復帰でお役ごめんになるはずだったが・・・・・・

この姫は、その後いろいろなところに出没することになってしまう
育成クランのプリ、ディアド攻めの旗プリ、アデン城主etc....
[PR]
by Arcturus_Flau | 2007-04-17 09:34 | 回顧録

思い出話 (その6) OT激戦

漢の読みは、「おとこ」ではなく、「かん」なので、お間違いなく
呉漢蜀の漢
呉というクランがあるが、そこから分派したクランなので、呉の次で漢
昨日、ある人に『「おとこ」にいたんだっけ?』と言わてしまった
良く間違われたんだよねw


さて、漢がたまにOTを攻めていたのは、先日書いたとおり
戦争はWIZではなく、ナイトで参加していた

OTは毎回多くのクランが布告していて、ダッシュ合戦だった
あるとき、1PTくらいの人数だったにもかかわらず終了間際にクラウンを取ることが出来て、漢は初の城主となった
うれしかったなぁ

こうなると、俄然防衛したくなってくるわけで
ReArcという同盟の末席にいた漢は、ヘルプを同盟クランにお願いして30くらい集めたと思う

人数もいるので門防衛
引き込み陣形を敷くという
そのとき、陣形配置を便箋でもらったものを、今でも持っている
作戦なんてことを、真剣に意識したのはこれが初だった

前列のナイトはTSUか、TSUが無ければDDだった

2列目のナイトは、槍を持つのが常識で、私の槍はベクトコルバンだった(ESPもいたけど、ベクトコルバンの方が良いと言われていた)
ベクトコルバンなんて、今使ってる人いるのだろうか・・・・

それから、エボニ
持てるだけ持って、一生懸命振っていた
今では考えられないが、壁ナイトでも未変身がほとんどだった
今は良く見られる弓ナイトは、いなかったんじゃないかな

DKなんて珍しい頃だったし、漢には50+ナイトすらいなかった時代

防衛が始まると、激しい攻めが来た
2時間フルの攻防
確か防衛は成功しなかったのだと思う

このOT戦でナイトはLV45で6エンドして、LV44まで落ちてしまった

LV落ちをすると、EXPが10%以上減ることを知らなかった私は、
「バグじゃないの@@;」と大慌てw
後に仕様だと知るが、さすがに6エンドの上LV落ちはショックだった
(今思えば45のエンドなんてものは、大したことがないのだがw)

ここでナイトに限界を感じて、ナイトは封印してしまった
今では商売キャラ兼イベント用になっている

これでWIZメインのリネライフになっていった
[PR]
by Arcturus_Flau | 2007-03-27 09:41 | 回顧録

思い出話 (その5) DK並べて『お帰りください』

Flauは、エルモア荒地でオクスカモーフでグールやゾンビWIZを倒して順調にLVをあげていった
今なら出稼ぎと思われて排除されているかもしれないが・・・
ただ、アラがあまり稼げる狩場ではなかったので、LV30を越すまでアラMAXにはならなかった
切断が多い環境だったので、フルZEL・DAI装備すら持たせることが出来ないよわよわだったけれども、あっという間にLV28、HA WIZになった
この頃、漢にjoin

当時、漢にいたバルデスさんと良くSKTCにペアハントをしに行っていた
二人ともWIZとナイトの2キャラを育てていたので、どちらかがWIZでどちらかがナイト
彼にFlauのステについて聞かれたので、WIS18、CON18、INT16だと答えると
「それはやめとけ」といわれてしまった

彼曰く、「廃仕様だ」

その言葉の意味を当時は良く分かっておらず、
「大丈夫。WIZ2キャラ目だし」と嘯いていた


そんなころ、ChromeжHeartsが持っていたハイネを、電気JVが譲渡されることになった
当然、イエライシャもこの戦争に参加
LV36だったけど、HA位ならなんとかなるだろうと甘い考えで行ってしまった
WIZとしては初めての戦争だった
城に入ってから、ショートカットを他のWIZさんに聞いてみたりしていた
確か、どこかと戦闘になったと思う
初めてサイレンスを掛けられ、何が起こったかわからずに「SC効かない」などとあわてふためいたりしていた

戦争はなんとかこちら優位に進んでいった
そして、電気は無事ハイネ城主になった

ハイネ城はきれいだったし、ハイネ神殿にすぐ行けるのに感動したりしていた
私は、お城暮らしを楽しんだ

そして4日後
攻城戦の日になった

実はこのとき、城は放棄する予定だった
このため、ヘルプも呼ばず、集まったクラン員は10数名だけ
しかし、特に攻め情報もなかったので、

『はったりかましてみるか(・∀・)』

とのプリの一言で、門前にDKナイトを並べてみることになった

門はがっちり閉めて、門内の見えるところにも何人か置いて、さも防衛しているふうを装った

ちらほら偵察に来る人たちがいたのだが、その人たちに向かって
「お帰りください」
とDKが静かに言い放つと、不思議なことにみんなそのまま帰っていった

何度かそんなことを繰り返して、はったり防衛成功
もともと攻めを予定していたクランも無かったのだろうが、まさかこんなはったりが通用するとは思っていなかった

クラ茶は笑いで埋まり、PCの前の人もにやにやが止まらなかった

こうして2004年の新春、電気はハイネ城主を12日間続けたのだった
古き良き時代の笑い話

(記憶を頼りに書いていますので、若干事実と違っているかもしれません。ここ違うだろーって言うのがあったら、教えていただけると幸いです)
[PR]
by Arcturus_Flau | 2007-03-26 13:08 | 回顧録

思い出話 (その4) ピンクの耳長

エルフは、漢にジョインした
電気は高LVが多かったので、なかなか一緒に狩をすることは出来なかったし、漢が最初に入ったクランだったから当時は漢メインだった

女WIZを作って別クランに所属していることは、漢では話していなかったので、漢のクラン員に
「念願の女キャラおめでとう」
なんて言われて、中の人はPCの前でちょっとどぎまぎしていたw

さすがに3キャラ目だったので、育てるのも楽だった
共通装備も多かったので、新しく用意したのは、EC、BOE、ブレイザー、LBくらい
全部自作だったと思う
アラMAXになる頃にはフルZEL、フルDAIだったし育てるのに苦労した記憶はない
犬と一緒になんとなく育って行った感じだった


ナイトはLV40を越えたくらいで、海底を単騎の狩場にしていた
変身することを覚えたので、B-tele、GGPなどを集めながら、ブアックで赤pを買ったりして、けっこう長く篭れるようになっていた
当時、ZELが一番出るといわれていたのがクラブマンだったし、1本60kくらいしていたメイプルもシャークから出たので、赤字になることはあまり無かった

漢は戦争クランではなかったが、プリが勝手に布告をいれてしまって、OTに4,5人で突っ込んでみたりしていた
PT編成もへったくれもなく、布告してから旗前で集まった人からPTを組んでそのまま突っ込むとか、わいわいやっていた
私は、フルZELナイトでDDを握りしめて参加していた

その頃、漢はヒーラーが不足していた
クラハンも戦争も、ヒーラー不足で思うように行かなかった

そして、DEが実装され、1アカウント4キャラまで持てるようになったとき、考えてしまった
半端なWIZはもう育てるのはきついし、作り直すなら今かもしれないと

HP不足はもう嫌だったので、CON18は決めていた
あとは、INT型にするか、WIS型にするかだった
(魔法使いらしい、魔法使いになりたかったので、STRやCHAに振ることは考えていなかった)
当時主流はCON/INT型
ありふれているのは、ちょっと嫌だった

電気の古参のWIZさんに相談すると、WIS型を勧められた
非CONWIZを育てたのだから、ちょっとくらい難しくても大丈夫だと思っていた
INTが低いことがどのくらい影響があるのか、全く分かっていなかった

そして、Flauが誕生した
[PR]
by Arcturus_Flau | 2007-03-24 14:42 | 回顧録

思い出話 (その3) 1枚1枚

骨セットを手に入れ、次の装備に手を伸ばした

揃えようとしていたのは、

K・・・ECM、RKF、ES
W・・・WIZセット、INT本、SOC
共通・・・IG、IB、COP、TS

まずは、ドワ荒地でランメタを集めてIG,IBを作成
ECMとESはナイトのクランの方に作ってもらった
TSも自作
WIZセットは、電気の王子に頼んでTQSとQEを譲ってもらって自作
INT本はなんとか自力で手に入れ、SOCは全茶で購入

でも、ZELを買うアデナが無く、倉庫に入れたまま、骨セットの日が続いていた

当時、出稼ぎもBOTもいないドワ荒地で、LV30程度の装備もろくにないWIZでも30~50/hくらいのランメタが集まった
ランメタ160個でIBが作れたから、IBを作っては売ってそのアデナでZELを1枚1枚買って行った
IBは80kとかだったかなぁ

フルZELになるまで2ヶ月ちょっとかかったが、その過程はすごく楽しかった

ようやくフルZELになった頃、WIZはLV35か6だった

当時電気はTOIの10Fまででよくクラハンをしていた
たまに連れて行ってもらったのだが、HPのないWIZだから1撃で真っ白になってころころエンドしていた
普段はアジトから水路経由で歩きでTOIへ行くのだが、私は道を覚えていなかった

そんなとき、ログインするとTOIに上り始めるところだという
「まってるからおいで」と言われ、
いそいそと準備したのだが、道が分からない

漢は黄昏を通ってTOIへ行っていたので、そちらの道のほうが分かっていた

覚悟を決めてドワでダッシュしようとした

ところが・・・・
橋を渡って、山脈を3分の1ほど過ぎたとき、前方から3,4匹のジャイアンが現れた
横をすり抜けようとしたら、1発攻撃をうけてしまった

ペシャッ

見事に一発でエンド

このWIZのHPは170はなかったと思う
HPが少ない理由は分かっていたから、なんだかすごく嫌になってしまった
クラハンへの合流はあきらめることにした

ジャイアンですら、1撃も耐えられない
そんなCON15のWIZ
私には無理だ~と、すっかりあきらめモードだった

そして、女エルフ作成
今度は流行のDEX型だった
[PR]
by Arcturus_Flau | 2007-03-20 13:34 | 回顧録

思い出話 (その2) 裏電気

ナイトでプレイして3週間ほどたったが、全茶デビューもまだまだ、GGPやB-teleを十分に手に入れることも出来なかったので、相変わらずSKTあたりでちまちま狩をしていた

そんなど初心者とペアをしてくれたのが、今は引退してしまった漢のWIZさんだった
今思うと、本当に面倒見の良い人だったのだと思う
LVはいくつぐらいだったのだろう
45とかだったのかなぁ

「全茶デビューしたら、全茶で消耗品を買えるよ。それまで俺が買ってやるよ」
といわれて、頼んだのがGGP10個とか
全茶での売り買いが100個単位ということも分かってなかったので、けっこうわがままなことをお願いしてしまっていた

負担をかけているのは分かっていたので、どうしたらうまく立ち回れるようになるのかと悩んでいたし、POT代もままならない状態をなんとかしたかった

そこでWIZを作ってみることにした
WIZをやってみたら、WIZの大変さもわかるし稼げるらしいし、一石二鳥だと思ったのだ

ステ振りはそれなりに悩んでみた
リネージュ攻略通信をにらみながらいろいろ考えた
「魔法使いらしい魔法使いがいい」そう考えて作ったのが、INT/WIS18、CON15、そしてなぜかDEX8
なぜDEXに+1してしまったのかは、今でも謎

こうして、イエライシャという女WIZが誕生した

案山子を叩いてLV5にしてから、しばらくの間歌う島で狩をしていると、一人のプリに声をかけられた
それが「がんの」さん、電気JVの創設者かんのさんの別プリだった
なんでもプリが初心者ゾーンに入ることの出来るイベントがあったとか言っていたかな

話を聞いてみると、アデンにアジトがあるとか
アジトを知らなかった私は興味津々だった

ところが、電気は初心者を集めて育成し、基本的に生え抜きで構成しているという
これには困った

私、初心者じゃないし、クランも入ってるし・・・・・

恐る恐るナイトをやっていて、クランにも入っていると言ったのだが、『別にかまいませんよー』とのほほんといわれ、もう一人の初心者WIZさんと一緒にjoinすることになった

今考えると、初めて1月弱、しかもLV30にも満たないキャラをやっていたとしても初心者同然ということだったのだろう

ステ振りについてもそのときに聞かれた
素直に答えると
「魔法特化型ですね」と言われた
このときちょっと引っかかったので
「やめたほうが良いですか?」と聞いたのだが、
「愛着があれば大丈夫」と言われそのままにしてしまった

それが後になって、Flau誕生の一因になるとは知る由も無かった・・・・・


当時、アジト持ちクランにはいると、帰還スクで飛んだ先はアジトだった
「もうすぐ、血盟帰還スクが実装されるから、それまで別クランのほうがいい」というのを理由に、初心者育成クラン、通称「裏電気」でしばらく遊ぶことになった

「裏電気」には「表電気」から何人か応援に来てくれていて、いろいろと面倒をみてもらった
そろえていく装備のこと、狩場のこと、ペットやサモンのこと
何から何までお世話になってしまった

あるとき、「ハスキーが欲しい」というと、リザ砂漠で狩をしていた私の元に届けていただいたりまでした

WIZは面白かった
サモンはまだ出せなかったので、犬を連れてリザ砂漠だのドワ荒地だので、ちまちま狩をしていた
切断が多かったので、切断のたびにエンドしていたけど、めげもしなかった

そんなある日、リザ砂漠でアクアスという男ナイトさんに会った
表電気の旗をつけて、なんだか颯爽と歩いていた
タイトルが「液晶」だったのを今でも覚えている

聞けば私より始めたのが2ヶ月ほど早かったらしい
「始めたばかりだけど、すごい勢いでLVをあげているよ。そのうち一緒に狩をしたら?」と勧められたが、そのときは挨拶を交わした程度だった
あんまりしゃべらない人だなって思ってた

これが、長い付き合いになるアクマスさんとの最初の出会いだった


1月ほどが過ぎ、表電気のナイトさんで50HIT者が出た
このお披露目を機会に、裏電気は表電気に移動することになった

当時、変身して狩をしている人は珍しく、バフォ変身をみたのは、そのときが初めてだった

DKなんてほんの一握りしかいない時代
電気にはDKナイトが3人もいたのだった


<どうでもいいことだけど>
攻略通信の今のクラス説明のところにある、ステ振りを見たら
「CON/WIS型(人気度第1位)」 になってますhhhhh
そりゃね、今はこれでよかったなーって思ってるけど・・・・・・
[PR]
by Arcturus_Flau | 2007-03-18 14:37 | 回顧録

思い出話 (その1) ナイトさま

なんとなく思い出話

リネをはじめたのは2003年の9月半ば
友人の紹介でYBBを引いたのが、私のブロードバンド生活の始まりだった
YBBのモデムに同梱されてきたリネのCDーROMをふとした出来心でインストールしてしまい、リネの世界に足を踏み入れることになった
はじめはMMOというものがどういうものか分からず、FFやドラクエのようにストーリーをひととおりクリアすればよいだけのもの、それをオンラインで誰かと一緒にやるんだくらいに思っていた

オフラインのRPGをやるときには、必ず戦士系をまず最初に作っていたので、リネ画面で作ったのもナイトだった
ろくに読みもせず始めたので、男キャラと女キャラがあるのも良く分かっていなかった
CD-ROMについていた簡単な取扱説明書をみて、作ったのがバランス型ナイト♂

とりあえず狩りでもしてみるかと、渓谷でがんばってみた
案山子なんて知らなかったし、いのししに殺されたりしながらLV8くらいまでひとりで誰と会話するでもなく狩をしていた
ちょっとやっては飽きて、すぐログアウトしていた

もう記憶があいまいになっているのだけど、話しかけてきてくれた人がいて、ケイブのボスを倒そうといって初めてPTを組んだ
ボスが何かも分かっていなかった私は、ボスと鉢合わせしていきなり殴りかかりてエンドしたり
結局その人は先に渓谷を卒業してしまい、それっきり会うことは無かった

3日目くらいに渓谷を抜け出して、SKTの右側の森で狩りをしていると、今は引退してしまった「漢」血盟のプリ白聖に声をかけられた
「クランに入らないか?」
わけもわからず、言われるままにjoin
すると他に始めたばかりの人が2人いるという

「アラはいくつ?」
そう聞かれてきょとんとしていた私
いわれるままに画面の数字を言うと、「骨部屋にいこう」と言われ、SLSを渡された
CCされて行った先は、たぶんMLCの1Fだったのだと思う
ここで初めてPTハントというものをした
一緒に狩をした新人さんはやはり男ナイトで、KatsuretsuさんとKathuさん
おふたりとも今でもリネージュ世界の住人だ

クランに入ったことで、リネの世界は一変した
にぎやかなクラ茶
親切なクラン員
ちょっと怖い人もいたけど、みんなやさしかった

ネット世界は怖いところだと思っていた私は、男ナイトだったのを幸い、ずっと男の振りをしていた
一人称に俺をどうしても使えずにちょっと困りながら・・・

その頃の目標は、15kを貯めて骨セットを買うことだった
BPなんてもったいなくて飲めなくて、アヒャー∑(゜∀゜)スガーン!は本当に特別なときだけだった

単騎はSKT周辺かリザ砂漠だった
クラハンが盛んで、ログインするといきなりプリにCCでクラハン場所に拉致されることも多かった
クラハンの場所は、ハイネ、SKTC2F、雪山など
白面の者というWIZさんがいてクラハンのときに+6のルチェルンハンマーを貸してくれたりした
なんでルチェルンだったのか今でも謎だけど、これで強化された武器にすごく憧れを持った
このWIZさんは、かなり厳しくて怖かった
クラハンのとき、無茶しすぎてよく叱られた

知らない事ばかりで、いろんな失敗をしていた

あるクラハンに途中で合流するとき
「矢を10k買ってきて」といわれて
「えーーー、そんなにいっぱい@@;」と必死になって買っていると
「何でそんなに時間かかってる?」
とせかされた
「10kなんて多いよ」
と私が言うと、一瞬の空白の後、爆笑されてしまった
まとめ買いができることをしらなかったのだ@@;

オート攻撃を知らなくて、必死になってモンスをクリックし続けていたりもした


よくころころ死んでいたけど、楽しい毎日だった



FIにて声をかけていただきました
c0078415_8413015.jpg

ありがとうございます
[PR]
by Arcturus_Flau | 2007-03-15 23:03 | 回顧録

去り行く人たち

この2日ばかりの間に、知り合いが2人引退してしまいました
どちらも自分のHPやMIXIで引退を宣言して、リネにインしていないようです

一人は、リネを始めて全くの初心者のとき
初めて作ったナイトを、拾ってくれたプリ
「アライメントはいくつだ?」と聞かれ、アライメントが何かわからなかった私
たしか500そこそこだったのかな

するといきなりSLSくれて、「これで狩しろ」と言われ、「骨部屋」と言うらしき場所に連れて行かれて初めてのPTハントをしました
今思うと、MLCだったのかなぁ、もしかしたら、TICだったのかもしれませんね
必死でしたので、よくわかりません

そのプリとはすごくいろいろあって、ありすぎて、私はそのクランを離れてしまったけれど、そのクランは今でも私にとって特別なクランです
このクランの行く末が気がかりです・・・

プリ、お疲れ様
リアルがんばってください

そしてもう一人は、つい最近知り合った方で、電気にも少しの間在籍していた方
どんな事情があったのかもわかりません
もう少し、お話をしたかったと思ってます

まぁ、リネはゲームです
無理して続けるようなものでもありません
そして、いつかまたやりたくなったらやればいい
それだけのことです
このところ、リネの過疎化を実感することが増えてきています
新規ユーザーが増えなければ、終わりはすぐそこに来ていると思います
残念なことです

このプリさんの引退をきっかけに、以前の仲間とも何人かお話をしました
その中で「ハイネでわいわい狩したとかたのしかったよなぁ。あそこでエンドなんて今じゃ考えられない」なんて話になりました

エンドなんていつものことだったし、大勢でわいわい、ZELだのDAIが出れば大騒ぎ
そんなころが懐かしいです

2004年4月頃のインターフェイスです
c0078415_20541892.jpg

こんな弓プリで犬3で引き狩りとかしてましたねw

それとその頃の、FI行きの船
c0078415_2054297.jpg

この当時、2PTでハイネゾーンクラハンとかやってました
今では考えられませんね
今、結構がらがらですしw

どうやら、KRでは、エピ6が実装間近らしいです
また、賑わいを取り戻して欲しいものです
[PR]
by Arcturus_Flau | 2006-12-01 20:56 | 回顧録

マナスタッフ

WIZを初めたのが3年前の10月
始めた当初から、ずっとSOMが欲しくて、ずっとあこがれの装備でした

初めに作ったWIZは電気所属でしたから、沢山の先輩WIZがいてSOMを持っているのは当たり前
同じ頃にWIZを始めた人は、さっさとSOMを買っていました
でも、貧乏WIZだった私は、WIZセット、IB、IGを自作して、なんとかこれをフル装備にするために、単騎でちまちまとドワ荒地でランメタを集めているような状態でした
SOMは高嶺の花だったのです

ようやくSOMを手にしたのは2004年3月
当時所属していたクランのクラン員に借金をして買ったものでした
そのSOMは+6
狩の幅が広がり、楽しくて仕方ありませんでした
ペアハントをするようになったのもこの頃からです

そして、アクマスさんとパートナーを組んで、初めてのクリスマス
アクマスさんから頂いたのは、C-DAIとB-DAI
過去日記04.12.24
そして出来上がった+7SOMを今日までずっと大切にしてきました

ずっと取っておきたかったのですが・・・・・・・

とうとうやってしまいました

懺悔
[PR]
by Arcturus_Flau | 2006-11-07 23:32 | 回顧録

カテゴリ

全体
リネ
リネ動画
プロフィール
回顧録
日常
リネ&日常
管理者よりお願い
リネ&クラン紹介
リネイベント
未分類

以前の記事

2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月

その他のジャンル